新型コロナウィルスは怖い!ホントに気をつけましょう!

初めての方へ
初めての方は、こちらもご覧ください。
初めての方へ
初めての方は、こちらもご覧ください。

こんにちは。

タロットの季節の星月香乃です。

なぜか嫌われて転職を繰り返してしまう方や、母親との関係に悩む方、夫婦喧嘩ばかりしてしまうご夫婦など、人間関係に悩む方の力になりたいと願う、人間関係の悩み専門タロットカウンセラーです。

未来の予言はできませんが、FP(ファイナンシャルプランナー)としての知識で金運アップのアドバイスもさせていただくなど、心に寄り添う問題解決系タロットカウンセラーです。

メール鑑定を中心に受け付けています。

こんにちは。

タロットの季節の星月香乃です。

なぜか嫌われて転職を繰り返してしまう方や、母親との関係に悩む方、夫婦喧嘩ばかりしてしまうご夫婦など、人間関係に悩む方の力になりたいと願う、人間関係の悩み専門タロットカウンセラーです。

未来の予言はできませんが、FP(ファイナンシャルプランナー)としての知識で金運アップのアドバイスもさせていただくなど、心に寄り添う問題解決系タロットカウンセラーです。

メール鑑定を中心に受け付けています。

 

決して他人事とは思わないで!後悔しないためにも。

新型コロナウィルスの感染症による肺炎で亡くなる人が多いです。

志村けんさんも残念でしたが、岡江久美子さんも本当に残念。私は親の影響でいわゆる2時間ミステリーを子供の頃からよく見ていました。なので、岡江さんは子供の頃から知ってて、大好きな女優さんでした。

少し前に乳がんの手術を受けられて、放射線治療をしていたとのこと。生きるためにつらい治療に耐えたのに、別の要因で、しかもこんなに急に旅立たれるなんて・・・ショックです。

 

最近では、自宅や路上で急に亡くなって、調べたら新型コロナウィルスに感染していたというケースも報告されていますね。

本当に急に容体が変わるんだな・・・ということが想像できます。怖すぎます。

 

2001年に経験した肺炎の話をします

新型コロナウィルスではありませんが、2001年に肺炎になりました。

あの時は何のウィルスだったのかわかりませんし、もしかしたら細菌性だったかもしれないんですけど、「急に来る」という点でちょっと思い出したので、お話ししておきますね。

繰り返しますが、これからする話は新型コロナウィルスとは関係ありません。

2001年、実母が乳がんの手術をして、化学療法がスタートして、家族としてはあれこれとストレスを抱えて生活していました。

ある日、友だちと一緒に、あるイベントに出かけました。

「今日は妙に疲れるな~」とは思っていたのですが、普通にイベントが終わり、翌日も普通に職場に向かいました。

そのまま、午前中は普通に元気に仕事。お昼休みも普通にランチ。食欲も普通。

 

さて、午後の仕事が始まって10分ちょっとたった時でした。

突然、身体が震え出しました。そして、急激に倦怠感が襲ってきました。さらに、関節痛も出現。

トイレに行くのも大変な状況になり、何だか意味わからん!と思いつつも、定時まで仕事をして帰りました。帰宅して体温を測ると、38.5度ぐらいありました。

夕食はほとんど食べられませんでした。たまたま買ってあった桃を少しと、豆腐を2口ぐらいかな。とにかくだるくて、座ってるのも無理!と思って、すぐ寝ました。

しかし体温が高いし、身体がつらすぎて眠れませんでした。

翌日、お腹も壊したので、近所の開業医のところに行くと、整腸剤と解熱剤と抗生物質を処方されました。

二日経っても治りません。解熱剤を飲むと急に体温が下がりますが、効き目が切れるとすごい勢いで上がります。

 

そしてついに、40.1度になりました。

これ絶対おかしいでしょ!風邪じゃないよね、これ?

と思ったので、別の病院に行きました。そこでX線写真を撮影してくれて、血液検査をしてくれて、薬を処方してくれました。

とりあえず、X線で肺炎が判明。その日は家に帰って、薬を飲んで様子を見ることになりました。

 

さて、夕食(と言っても、ほとんど食べられなかったけど)の後から薬を飲み始めると・・・今までの倦怠感が嘘のように治っていきました。

翌朝には体温も平熱ぐらいまで下がり、そのまま上がりませんでした。

 

結局、仕事は一週間ほど休みましたが、入院することもなく、回復したので良かったです。

 

何が言いたかったかというと、「肺炎は急に来る」という話です。

私の場合は新型コロナじゃなかったから(しかも19年も前だし)、効く薬があって簡単に解決し、その後は健康で今まで生きて来られました。

 

昔の肺炎の記憶と、コロナのこと

今思い出してみると、その日の昼まではほぼいつも通りに元気だったのに、「13時12分頃からだった」と思い出せるほど急に震えと倦怠感が襲って来たんですよね。

肺炎は怖いです。結局、私はあの肺炎のもととなる細菌またはウィルスに、いつどこで感染したか分かりません。

 

これと同じことが、新型コロナウィルスで起こる可能性があるってことですよね?

これってホントに怖いことだと思いませんか?

 

無症状や軽症の人は、自分が感染しているという自覚がないまま、周り中に感染を広げてしまうんですよ。そして、志村けんさんや岡江久美子さんのような悲しい人を増やしてしまうんですよ。

 

もし感染に気づかずにおばあちゃんの家に遊びに行って、おばあちゃんに感染して、おばあちゃんが亡くなったら、あなたはどう感じるでしょうか?

もちろん、絶対にあなたのせいとは言い切れません。でも、逆に、「私は感染するような行動はしていない」と言い切れますか?

 

悲しい思いをして後悔する前に、徹底的に気をつけてください。

できれば、外出をしないでください。

 

飲み屋?パチンコ屋?サーフィン?

そんなものはなくたって生きていける!

コロナが収束したらまたいくらでも行ける!

 

でも、大切な家族には代わりがいないんですよ!

今、失ったら、一生会えないんですよ!

しかも「もしかして自分が感染させてしまったかもしれない」と一生後悔しながら生きて行かなければならないんですよ!

 

決して他人事だと思わないでください。

大切な人を守るためにも、社会を守るためにも、今は我慢してください。みんなが我慢すれば、早く収束するかもしれません。

 

たった一人の自己中な人が、日本を滅ぼすかもしれません。

 

あなたは、そんな一人になりたいですか?

メール鑑定はこちらから

メール鑑定のご依頼は、以下のホームページからお願いします。


タロットの季節 ~虹の木~


メニューもぜひご覧ください。


パソコンでご覧になっている皆さんは、ヘッダー写真下にメニューの一覧があります。

モバイル端末でご覧になっている皆さんは、メニューボタン(三本の横線みたいなボタン)を押すと、メニューの一覧が出てきます。

メール鑑定はこちらから

メール鑑定のご依頼は、以下のホームページからお願いします。


タロットの季節 ~虹の木~


メニューもぜひご覧ください。


パソコンでご覧になっている皆さんは、ヘッダー写真下にメニューの一覧があります。

モバイル端末でご覧になっている皆さんは、メニューボタン(三本の横線みたいなボタン)を押すと、メニューの一覧が出てきます。

ひとりごと
星月香乃をフォローする
星屑倶楽部

コメント

タイトルとURLをコピーしました