タロットに似ている!?さだまさしさんの歌が潜在意識に働きかける件。

初めての方へ
初めての方は、こちらもご覧ください。

こんにちは。

タロット&アロマ星屑倶楽部の星月香乃です。

なぜか嫌われて転職を繰り返してしまう方や、母親との関係に悩む方、夫婦喧嘩ばかりしてしまうご夫婦など、人間関係に悩む方の力になりたいと願う、人間関係の悩み専門タロットカウンセラーです。

未来の予言はできませんが、FP(ファイナンシャルプランナー)としての知識で金運アップのアドバイスもさせていただくなど、心に寄り添う問題解決系タロットカウンセラーです。

メール鑑定と、関東近郊への出張鑑定の受付を行っています。

2019年5月15日に発売された、さだまさしさんのセルフカバーアルバムを聴いてみました。

1994年からさだファンの私。気づけば四半世紀になるんですね~。

個人的にはさだファンの夫と結婚し、さださんには感謝しかないわけです。

なので、ニューアルバムは必ず買うと決めています。(一部の企画アルバムは除く)

新しい生命を吹き込まれた、さだまさしの名曲たち!

今回発売されたアルバムは、さださんの名曲たちを違うアレンジで録音し直したもの。

超有名な代表曲「精霊流し」なんて今までにない超斬新なアレンジで、ファンとしてはビックリでした。教会で収録した感じ。グレゴリオ聖歌みたいな神々しいイメージに。

聴きなれた曲も、伴奏がピアノだけになるとイメージが変わります。

さださんの歌い方も年季が入って来て。年を重ねた分だけ、深みが増しています。

抽象的?ごめんなさい。

でもね、芸術作品って、受け取る人それぞれの感性で自由に感じる方がいいと思うの。

(以上、星月香乃の心の声)

あっでもこれだけは言いたい!

「天然色の化石」は歌詞の中に「God Bless You」が入ってる最初のバージョンの方が好き。

さだファンじゃない皆さんには何のことやらわからないですよね。ごめんなさいね。

でも、たぶんさだファンの中には激しく同意してくれる人が多いはず!

タロットに似ている!?さださんの歌たち

さて、タイトルにも書きました、さだまさしさんの歌がタロットに似ているというお話をします。

過去記事で、タロットは未来を占うためじゃなく、潜在意識を言語化するためのものだというお話をしました。

その仕組みは、以下のようなことです。

レストランでの会話を想定してください。

友だち:何食べる?

あなた:なんでもいいよ。

友だち:じゃあオムライスにする?

あなた:ん?やっぱりカレーにしようかな。

みたいな会話が繰り広げられるパターン、よくありますよね。

最初、あなたは本当に「なんでもいい」と思ったはずです。でも、友だちの「オムライスにする?」という言葉がきっかけで、潜在意識が食べたいと思っていたカレーライスが急浮上したわけです。

このように、人は「たたき台」を与えられると潜在意識が表面化することがあります。

潜在意識は、普段は言葉になっていないので、本人でも認識していないものです。

タロットカードに描かれている絵は、潜在意識に働きかけるものとなっているので、それを見た人が自分が普段無意識に考えていることが表面化します。

この表面化した潜在意識をもとに、その後の人生を自分で選択していけるようになり、幸せになれるといのが、タロットカウンセリングの仕組みです。

で、話を戻します。

さだまさしさんの歌って、聴いていると「そうそう!それが言いたかった!」と思ったり、今まであまり考えたことがなかったけれど自分が本当にやりたいことに気づいてしまったり、自分は本当はこうしたかったんだと思って人生が変わったりするんです。

これはたぶん、さださんが世の中を見つめる洞察力だったり、誰もが心に思っているけど口にしないことを代弁してくれたりするからだと思うんです。

心理学的に言うと、「集合的無意識」の声を代弁してくれる感じです。

「さだまさしさんの歌」は「タロットの絵」と同じような効果がある気がします。

表面的なことしか歌っていない人に比べて、さださんの歌には「深み」があります。

だから、聴く人それぞれの思いに重なり、人生に影響を与えるんです。そして、何十年も前の歌でも古臭くないものが多いんです。

聴いてみたくなりました?

ぜひ、どうぞ!


メール鑑定はこちらから

メール鑑定のご依頼は、以下のショップをご利用ください。


タロット&アロマ 星屑倶楽部 占い申し込用SHOP


メニューもぜひご覧ください。


パソコンでご覧になっている皆さんは、ヘッダー写真下にメニューの一覧があります。

モバイル端末でご覧になっている皆さんは、メニューボタン(三本の横線みたいなボタン)を押すと、メニューの一覧が出てきます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする