今日はちょっと私の生い立ちを(笑)

初めての方へ
初めての方は、こちらもご覧ください。

こんにちは。

タロットカウンセリングでたくさんの方々を幸せにしたいと願っている星月香乃です。

ふと思い立って、このブログに今までなかった「日記」のコーナーを作ってみました。

何となく気まぐれに、日々のできごとや感じたことなどを綴っていこうと思います。

とりあえず、私の生い立ちをご紹介(笑)

そういえば、皆さんにあまりお話ししていなかったなぁと思ったので、まずは私の生い立ちから。

昭和時代の生まれです(笑)。

三重県生まれですが、5歳の時に父の転勤で東京に出てきました。

小学生の頃は引っ込み思案で、いじめられっ子でした。親しい友だちはいなかったですね~。みんなの輪に入って行くのが苦手でした。

その理由として、一年生のときには既にメガネをかけていたことが挙げられます。今は割とメガネをかけている小学生って多い印象がありますが、私が小学生だった昭和50年代後半当時、10歳以下でメガネをかけている子って、とても珍しかったんですよね。

なので、クラスメイトのみならず、街で出会う見知らぬ子どもたちにも「メガネザル~!」と言ってからかわれて、いつも小さくなっていました(笑)。

メガネの原因は、斜視と言って片方の目が真ん中じゃなくて内側に寄っていたので3歳の時に手術をしたことでした。今となっては、正当な理由なんだから堂々としていればよかったんでしょうけど、小学生の私にはよくわからなくて。

そんな私ですが、5年生の時に父の転職で転校しました。同じ区内ですが、社宅を出ないといけなかったこともあり、ちょっと新天地を目指してみたという感じでしたね。

転校先のクラスメイトはみんな好意的に受け止めてくれたので、私は晴れていじめられっ子から卒業することができ、それから少しずつ明るい子になっていきました。

中学は普通に区立の学校に行きました。

たぶんなんですが、俳優の松田翔太さんの先輩に当たります。

高校、大学は私立でしたが、割と学費の安いところで(笑)。

まあまあ真面目に勉強しました。それで先生方にはとてもよくしていただきました。

社会人になってから、今まで真面目な人だと思っていた父がどういうわけかお金にルーズになって行き、部下たちとの飲み会で必ずおごるようになり、ある時クレジットカードの請求書が大変なことになっていて、母がびっくりして怒っていたことがありました。

その後、父からクレジットカードを取り上げてもいつの間にか探して持って行って使ってしまって、母が「どうせバレるんだからやめなさい!!」と一喝したらクレジットカードは使わなくなったのですが・・・。

日頃からお金にルーズな面があるのを見て母がストレスをため込み、そのうちに乳がんになってしまいました。

何故か不幸が止まらなくなり・・・

母が乳がんの手術をして治療を始めたばかりの頃、父がリストラに!

それでしばらく就職活動をしていたのですが、そんな中、消費者金融から手紙が届き、「お貸ししているお金を返してください」という内容でした。

父を問い詰めると、5社ぐらいの消費者金融から合計450万円ぐらい借りていました!!

うわぁ~!なんだそれ!

ということで、母の治療費とかいろいろかかるのに、困ったなぁ~と思い、「とにかく返済しよう!そうしないと利子がかさんで大変!」ということになり、母と私は貯金をかき集めて、一気に返済させました。

と言っても、正直なところ、父への信頼はゼロに落ち込んでいたので、父に現金を渡して「返済してきて」と言えば父は返済しないで使っちゃうのでは?と思い、私が会社を休んで父と一緒に現金を持って消費者金融を回って返済の証人となりました。

なんだこの情けない状況~!これが親だなんて・・・と落ち込みマックスの状態でした(>_<)

母の病気のことも心配ですし、父の再就職のことも心配ですし・・・。

まあとりあえず借金問題は一応解決したので(解決したって言えるのか?・・・笑)、母の心のケアが大切だね~と思いながらしばらく過ごしていると・・・

肺炎になりました。

私が。

はぁ・・・もうダメだぁ!我が家も終わりだ~!

と思ったりもしましたが、近所に優秀な医師がいてくれたおかげで、数日で治りました。

一時は体温が40度を超え、非常に苦しかったのですが、医師の診断が正確だったので、よく効く薬を処方してくれたのが良かったみたいです。

この年は母の乳がん、父のリストラ、借金発覚、私の肺炎と何故か不幸が止まりませんでした。

2001年のことです。

あ、気づいたら結構長くなっていましたね。

後半は、また後日改めて書きます!